記事一覧

現代のカルティエ ジュエリーの美に迫る展示

国立新美術館では、企画展「カルティエ、時の結晶」を10月2日から12月16日まで開催。シェーヌダンクル 偽物カルティエ(Cartier)の1970年代以降の現代作品を展示する。



ネックレス
カルティエ、2018年
ゴールド、ダイヤモンド、アフガニスタン産エメラルド、スピネル、ガーネット、ターコイズ、オニキス
個人蔵
Vincent Wulveryck © Cartier


カルティエの作品は1995年、2004年、2009年の展覧会を通して日本で紹介されてきた。1989年以降、日本だけでなく世界各国の主要美術館においてそのコレクションが展示紹介されてきたことは、数あるメゾンの中でも特筆されることだ。過去におけるこうした展示は、いわゆる「カルティエ コレクション」の歴史的な作品を対象としてきたが、今回は1970年代以降の現代作品に光を当て、その創作活動における革新性、現代性、独自性を、メゾンが築き上げてきた創作の歴史を背景に表現する世界でも初めての試みとなる。



2本のフェーン(シダ)の葉」ブローチ
カルティエ パリ、1903年
プラチナ、ダイヤモンド
「カルティエ コレクション」
Nils Herrmann, Collection Cartier © Cartier


テーマは「時の結晶」。「時間」を軸に、「色と素材」、「フォルムとデザイン」、「ユニヴァーサルな好奇心」という3つの章で、カルティエのイノヴェーションに満ちたデザインの世界を探求する。壮大な時間を経て生成され奇跡的に見出された宝石と、世界各地の文化や自然物など万物から着想を得たデザインが、卓越した職人技術によって結実したカルティエの宝飾。指輪 サイズ直しそれは世界の縮図であり、地球や文明との時空を超えた対話であるといえる。時間を自由に往来し、素材に秘められた可能性を探求することによって、色彩や線、フォルムなど、伝統を継承しつつも、常に宝飾界に新しい風を吹き込み続けるカルティエの想像力に満ちた美の秘密を紹介する。

【関連記事】:ファッションに関するプロジェクト一覧

【ディオール】大ぶりメダイヨンが存在感を放つ!お守りジュエリー「ローズ デ ヴァン」新作ネックレス

そろそろ年末を意識しはじめるこのシーズン。よりよい年への願いを込めて自分への「スペシャルなご褒美」を手に入れてみてはいかがでしょうか? 手にするだけで心躍る高揚感をくれる、ホリデーシーズンを輝かせるジュエリーを人気ラグジュアリーメゾンから厳選、シリーズでご紹介します。

本記事では「ディオール(DIOR)」の、旅を想起させる“風配図”のモチーフに、ムッシュ ディオールが愛したラッキースターとバラの意匠を宿す大人気コレクション「ローズ デ ヴァン」より、2021年11月発売の新作ロングネックレスをピックアップ。シングル ピアス片面がウィンドローズ、もう片面がジェムストーンのダブルフェイスデザインに仕上げられたメダイヨンが、今までよりも大ぶりでインパクトのあるサイズ感になって登場しました。

ロングチェーンは二重にすることで、ファッションに合わせて長さを変えて楽しむことも可能です。多彩に揃ったバリエーション、あなたのお気に入りはどれでしょうか?

■1:存在感を放つ白い煌めき!凛とした「ダイヤモンド×ホワイトゴールド」



ネックレス¥3,520,000【ホワイトゴールド×ダイヤモンド、モチーフ直径30mm】
メダイヨンに散りばめられたパヴェダイヤモンドが、ホワイトゴールドとともに雪のように繊細な輝きを放ちます。

■2:最旬カラーとフェミニンピンクの小粋なカラーリング「オニキス×ピンクゴールド」



ネックレス¥924,000【ピンクゴールド×オニキス×ダイヤモンド、モチーフ直径25mm】
ジュエリーの最新トレンドである“黒”と甘やかなピンクゴールドの組み合わせにモード感が漂います。

■3:人気継続中のトレンド色をジュエリーでも「マラカイト×イエローゴールド」


ネックレス¥1,034,000【イエローゴールド×マラカイト×ダイヤモンド、モチーフ直径25mm】
今シーズンもさまざまなアイテムで登場し人気を集めているカラー、グリーンが美しく映えるマラカイトは、一点投入だけでいつもの装いをフレッシュな印象にしてくれます。


【関連記事】:2022年春と夏のバク流行トレンド

ブシュロン、福岡・岩田屋本店でポップアップストアをオープン

フランスを代表するハイジュエリーメゾンのショーメは「フランスと日本文化の Conversation― ショーメのサヴォワールフェールと日本の名匠3人の対話」と題して行うハイジュエリーイベントを特別一般公開いたします。本展は、フランス文化と日本文化 の対話をコンセプトに、日本初お披露目を含むショーメのハイジュエリーと、日本の伝統芸術の職人たちが手掛ける作品をテーマごとにご紹介します。フランスのサヴォワールフェール(匠の技)と日本文化の匠による美と文化の競演をお楽しみください。
 
ショーメのジュエリーと対話をするのは、日本を代表する名匠3家。竹芸家・四代 田辺 竹雲斎、 盆栽作家・木村正彦 、 刀匠・月山 貞利、月山貞伸。 奥義に達した名匠たちの「人の手が成す仕事」、素材へのこだわり、優れた技能、高い精神性はいずれもフランスが誇りとするショーメの深い美と共通する部分です。会場には名匠達が生み出した作品 の数々がショーメの芸術と呼ぶべきジュエリーとともに展示されます。 人の手で美を希求するという ショーメと日本の名匠たちの対話を作品を通してお楽しみください。

< VIDES ET PLEINS 余白の美> CHAUMET x 四代 田辺竹雲斎



「ペルスペクティブ ドゥ ショーメ」 コレクション ラシ ネックレス

編む、組むというテクニックはショーメならではの優美さの源。メゾンの技である「フィル クトー」はナイフの刃(クトー)のように薄い線(フィル)で パーツを繋ぎあわせ、ジェムストーンが軽やかに宙に浮いているように見せる極めて高度な技術。 竹という素材のフレキシビリティを駆使し、古くから伝わる編み技を進化させ、これまで見たこともないようなかたち を空間に創造する 四代 田辺 竹雲斎。新しい表現を追い求める彼の精神は、荘重なクラシックを軽快なモダニティへと再解釈するショーメのエスプリに重なるのです。



「レ シエル ドゥ ショーメ」 コレクション パサージュ ネックレス

色あせることなく輝くショーメのジュエリーに欠かせないものは、自然からの贈り物ともいえるジェムストーン。数十億年も大地の奥底で眠っていた石を選び抜き、カットし、ときにデザインに合わせてまたカットします。石に人の手を加えるラピデール(宝石細工)の技で、めくるめく輝きが引き出されるのです。
100年、ときに1000年を超える樹齢の盆栽も、手入れを続けることで長い歳月を生き、その命脈を保ちます。移ろい、変わりゆく時代の流れのなかにあって「永遠」の意味を教えてくれるもの。しっかりと根を張り、揺るぎないもの。木村正彦の盆栽も、ショーメのハイジュエリーも、その在り方は同じなのです。


【関連記事】:https://jiaoyangn334.wordpress.com/

強さと美しさあふれる「ブチェラッティ」のブラックジュエリー

今、おしゃれな人ほどジュエリーは「ブラック」。ティファニー T コピー点在させたダイヤモンドが印象的なブチェラッティのブラックジュエリーで、強さと美しさを感じさせる洗練された印象を手に入れて。
BUCCELLATI


超絶技巧が生み出したのは大人のための繊細なる黒

高度な金細工の職人技で知られるブチェラッティ。ホワイトゴールドにダイヤモンドライクカーボンコーティングを施したブレスレットは、ミニマルで落ち着いた黒。点在させたダイヤモンドが印象的。彫刻的なモチーフのリングは、ブラックロジウムコーティングを施したホワイトゴールド素材。強さと美しさを感じさせる生命力あふれるデザイン。

〈右から〉ブレスレット「マクリ」(WG×D)¥1,150,000・リング「カンパネリ」(WG×YG×D)¥1,550,000・「ラマージュ」(WG×YG×D)¥740,000/ブチェラッティ



ブラックセラミックが象徴する自由で自立した女性像

シャネルのファイン ジュエリーの大胆な創造性を象徴するセラミックが、ダイヤモンドとともにグラフィカルな曲線を描くリングとブレスレット。ファインジュエリー チャームストールやニットなど秋冬に欠かせない柔らかな素材にこそ、凛としたブラックセラミックのジュエリーが美しく映える。

ジュエリーはすべて「ウルトラ コレクション」。〈右手〉リング(WG×ブラックセラミック×D)¥638,000・ブレスレット(WG×ブラックセラミック×D)¥1,826,000・〈左手〉リング(WG×ブラックセラミック)¥305,800/シャネル ニット¥31,900/カオス丸の内(カオス) ストール¥63,800/ebure GINZA SIX店(ファリエロ サルティ)