記事一覧

フラワーアーティスト ニコライ バーグマンのジュエリーブランドNATUR & NICOLAI BERGMANNが伊勢丹新宿店にオープン


世界的に有名なフラワーアーティストの一人として活躍するニコライ バーグマンが立ち上げたジュエリーブランド「NATUR & NICOLAI BERGMANN(ナチュア & ニコライ バーグマン)」が、2月21日(水)に三号店となる直営店を伊勢丹新宿店1階アクセサリー売り場にオープンします。
「NATUR & NICOLAI BERGMANN」伊勢丹新宿店は、ニコライ バーグマンが自然のなかに見出した美しいラインを18Kのジュエリーに封じ込めたファインコレクションをはじめ、デイリーに身につけることができるモダンでユニークなデザインのカジュアルコレクションが揃います。
そして自然の美しさを永遠に封じ込めたブライダルコレクションの3コレクションを展開。
いずれもフラワーアーティストとして活躍するニコライ バーグマンならではの花や植物の魅力を表現しています。
オープンを記念して伊勢丹新宿店では、2018年2月21日(水)から3月14日(水)までの期間限定で、54,000円(税込)以上の商品をご購入の方に、ニコライ バーグマンならではの細やかで美しいフラワーボックスを先着100名様にプレゼントしてくれるそう。



1940年代に初めて創作されたブルガリ「セルペンティ」は、蛇をモチーフに、ジュエリーがあしらわれたしなやかなブレスレットウォッチでした。
それ以降、蛇モチーフ「セルペンティ」は、新たに解釈し続けられ、ブランドの世界的な名声を強く印象付けてきただけでなく、現代美術、デザイン、ファッション、装飾芸術や写真に大きな影響を与えてきました。
そして、2017年この「セルペンティ」に賛辞を贈る展覧会「ブルガリ セルペンティフォーム アート ジュエリー デザイン」が開催されます。

会場には、カルティエ 結婚指輪日本の現代写真界のスターである写真家 操上和美氏の写真や、今秋 「ブルガリ 荒木飛呂彦 日本限定 バッグ カプセル コレクション」のデザインで話題となったアーティストであり、「ジョジョの奇妙な冒険」の作者でもある、荒木飛呂彦氏による作品も特別に展示されるそう。

ジュエリーだけでなく、才能という煌めきに触れに是非足を運んでみては。

【大人のネックレス、復活!】モダンなインパクトあふれる「チョーカー」で冬のおしゃれを新鮮に!

今季らしいファッションアイテムとしてネックレスを選ぶなら、短めのチョーカータイプがおすすめ。ジャケットやシャツ、タートルニットなど、マンネリになりがちな冬のおしゃれもぐんと新鮮に。スタイリストの伊藤美佐季さんが注目するブランド&つけこなしのポイントを教えてくれました。

“短めのチョーカーを大人がつけるときは、華奢すぎたり、肌になじんでしまうものより、がつんとインパクトがあって、視線がそこに集中するような色や形がおすすめ。主張があり、モダンな印象を与えてくれるチョーカーは、冬のおしゃれのマンネリも解決してくれるはず。”
モダンなインパクトを顔まわりに与える「チョーカー」


黒の装いにスモーキークォーツが

映える大人のチョーカー
ブラックレザーに美しいカットのスモーキークォーツが印象的に組み合わされ、ダイヤモンドが効果的な輝きをプラスする、大人がつけるべきチョーカー。日本の巧みな職人技が生み出した、糸のように編まれたチェーンネックレスと重ねて、黒の装いにインパクトを演出して。
レザーチョーカー(YG×スモーキークォーツ×D)¥123,000・ネックレス(YG×D)¥183,000/プレッド PR(リーフェ ジュエリー) ベスト¥112,000/ギャレット(アン ドゥムルメステール) 帽子¥16,000/タア トウキョウ(タア)



表情だけでなく首もとのトーンも

明るくするシルバーボール
1個の直径が2.2㎝と、インパクトある大きさのスターリングシルバーのボールが連なったチョーカーサイズのカフネックレス。ボールパーツは中空になっているため、見た目よりずっと軽いつけ心地だ。「大きなパーツとの対比と、絶妙な長さで、鎖骨や首まわりがとても美しく見えるデザインで、くすみがちな大人の表情を明るく見せてくれる効果もあります」。黒や紺はもちろん、白の洋服との相性も抜群。とめ金はマグネット。
ネックレス(SV)¥188,000/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) コート¥98,000/エム(ウジョー)



グラフィカルなチョーカーで

いつものタートルをランクアップ

ストックホルム発のユニセックスなジュエリーブランドが手がける、アーティスティックなチョーカー。リサイクルされたスターリングシルバーにゴールドのヴェルメイユ(金をはりつける加工技術)が施され、モダンさの中にも上質感が漂う。「いつもの黒タートルにプラスするだけで上質なおしゃれ感が生まれます」。
チョーカー(SV/YG)¥159,000・ピアス(SV/YG)¥50,000・イヤカフ(SV/YG)¥28,000[片耳価格]・リング(SV/YG)¥43,000/エドストローム オフィス(オール ブルース) ニット¥24,000/エム(ベース マーク)

【関連記事】:気になるセレブの愛用品をチェック

スタイルを楽しむ女性に似合う指輪が手に入るため、


ブランド創設は1613年と非常に古く、長い歴史を持っている名門中の名門ブランドです。指輪のえらんだ婚約者パリの5大宝飾店の1つに数えられ、デザインの芸術性の高さに数多くの王侯貴族が魅了されました。

ダイヤの輝きを最大限引き出すカッティング技法「メイリオカット」や、職人技といえるリングの美しさは他のブランドと一線を画しています。

日本では知名度がそこまで高くありませんが、知る人ぞ知るハイブランドを求めている人にはおすすめのブランドといえます。


パリの帽子専門店としてスタートした『CHANEL』は、洋服や香水といったファッション小物から宝飾店といったレディースファッション全般を扱うようになりました。そして今では、レディースブランドを代表するハイブランドへと成長を遂げています。

時代の流れに乗り、強く自立した女性を意識したデザインは現代の多くの女性から支持されています。アルハンブラ パロディブランドコンセプトのように、いつまでも美しく輝くための努力を怠らない女性にはシャネルのリングがまさにおすすめです。

スイス発のエレガントな男性向け腕時計を制作するブランドとしても有名なのが、高級時計ブランドとして名高い『PIAGET』です。

スイスでは知らない人がいないほど知名度が高く、またジュエリーブランドとしても人気のブランドになっています。

腕時計制作で培った技術力をジュエリーに活かし制作された「ポセションリング」は、まさに腕時計ブランドならではの発想とデザイン性を持っています。

オリンピック体操女子選手のお気に入りのジュエリー

皆さんは『トリプライト』という宝石を知っていますか?トリプライトは、宝石質の物は非常に透明度の高いオレンジ系の美しい石ですが、この透明度の高いトリプライトが産出することは非常に稀で、希少石としても有名です。トリプライトという名前は「3つの方向に割れやすい性質」を持っている事から名付けられたものですが、この名称から『3つの願いを叶える』パワーストーンとしても非常に高い人気を誇ります。
今回は、一般的な知名度は非常に低く、宝石質の物はほとんどないと言われる希少性トリプライトについてご紹介します。

トリプライトとは
100542192-m-01-dl
英名triplite(トリプライト)
和名トリプル石等と称される
主なカラーピンク色、オレンジ色など
モース硬度5~5.5
比重3.50~3.90
屈折率1.65~1.68
主な産地ブラジル、パキスタン、アルゼンチンなど
トリプライトはペグマタイト(巨晶花崗岩)の中に結晶を作る鉱物で、宝石質の物が産出されることは非常に稀です。また、宝石質のトリプライトは明るいオレンジ色をしており非常に透明度も高く美しい宝石です。
この宝石は『へき開』と呼ばれる結晶面に沿って割れやすいという性質を持っているため、ある一方からの衝撃には非常に強いのですが、逆に別の方向からの衝撃が加わると簡単に割れてしまうという特徴を持っています。ちなみに鉱物の中で最も硬いと言われるダイヤモンドもこの『へき開』を持っています。

トリプライトの名前の由来
トリプライトの名前の由来は上述の『へき開』という特徴を持っていることに由来します。この名称はギリシア語で『3』を意味する「トリプル(triplos)」から来ているのですが、これは、トリプライトの鉱物的な特徴「3方向に完全なへき開を持つ」事から来ています。ファインジュエリー リングこの「3方向に完全なへき開を持つ」という点から、『3つの願いを叶える』というロマンチックな意味でパワーストーンとしても非常に人気が高いです。

パワーストーンとしてのトリプライト
パワーストーンとしてのトリプライトは透明度は低いですが、美しいピンク色でインカローズ(ロードクロサイト)のような美しさを持っています。ただし、トリプライトの中には金属質の鉱物が混ざっているものもあり、こういったトリプライトは「ゴールデン・インカローズ」とも呼ばれることがあります。もちろんインカローズとトリプライトは全く組成が異なりますので別の鉱物です。

トリプライトが希少な理由


トリプライトはペグマタイト(巨晶花崗岩)の中で作られる結晶というのは上でもご紹介しましたね。この宝石は非常に産出量も稀で、その上、産出されたとしても基本的に不透明で岩石のような茶色の見た目の物がほとんどです。こういった理由もあり、宝石質のトリプライトは極めて稀で、希少石として有名です。
また、ペグマタイトの中で作られる事もあって、その結晶は小さなものがほとんどです。透明度の高い宝石質のトリプライトが産出されること自体非常に稀ですが、宝石質の物が見つかったとしてもほとんどの物は0.5ct程度の小粒の物がほとんどです。
まとめ
今回はオレンジ色が非常に美しいトリプライトについてご紹介しました。トリプライトは宝石質の物が産出されることは非常に稀で、『へき開』という鉱物的な特徴もあり加工も非常に難しく、コレクター垂涎のレアストーンである言えます。
宝石質のトリプライトは、非常に透明度が高く美しいオレンジ色が特徴の宝石です。一般的には市場で見かけることすらなかなか難しい宝石ですので、もし出会ったときには是非手に入れてみてはいかがでしょうか?

【関連記事】:ジュエリー・アクセサリーを多数取り揃えています

オリンピックの卓球女子選手が愛用するブレスレット


上品なブレスレットをプレゼントしたい場合は、日本のジュエリーブランドであるヴァンドーム青山をおすすめします。
華美になりすぎない、繊細な印象のデザインが魅力です。

ダイヤモンドを使った高級感があるものから、シンプルな美しさが溢れるものまで、多彩なレディースブレスレットがそろいます。
どれを選んでも、品の良さが感じられるのが嬉しいポイントです。

オンオフ問わずに使えるものが多いので、毎日のおしゃれを楽しむ20代女性へのプレゼントに向いています。


愛する奥さまや彼女の40歳や45歳の誕生日など、特別なシーンのプレゼントにはティファニーのレディースブレスレットが一番。
世界的にも名高いティファニーは、ファインジュエリー チャームたくさんのカップルの愛を深める女性の憧れのブランドとして大人気です。

喜ばれるポイントは、数あるデザインのなかから、スターリングシルバーやK18などの輝きがより美しく見えるものを選ぶことです。

ひと目見て上質なものと分かる輝きでぐっと手元を華やかにするので、一生もののブレスレットとしていつまでも大切にしてもらえるでしょう。

【関連記事】:記念日やクリスマスのプレゼントにおすすめのペアウオッチを多数発売

指輪とつけたまま海に入るのはOK?夏のレジャーで注意しておきたいポイント!


最近は、どんどん気温も上がり、いよいよ夏の足音が聞こえてきた感じですね。もちろん、本格的な夏を迎えるには、嫌な梅雨時期を我慢しなければいけませんが、もうすでに夏休みの予定で頭がいっぱいになっているという人も多いのではないでしょうか?夏のレジャーと言えば、プールや川、海などで遊ぶ機会も増えますし、何かと水と関わる遊びが多くなります。そんな時にふと気になるのが、
「ジュエリーを付けたままプールや海に入っても問題ないのだろうか?」
ということではないでしょうか?
結婚指輪など、普段から常に身につけておくのが普通のものであれば、つけっぱなしにしておくのが当たり前かもしれませんが、その他のジュエリーなどはどうするのが良いのか迷ってしまう人も多いことでしょう。FENDI ジュエリー特に夏場は薄着で外出することが多いため、ワンポイントとしてジュエリーを身に着ける機会が増えるものです。
そこで今回は、海やプールなど、夏の定番レジャーで注意しておきたいジュエリーのことに関してご紹介します。

ジュエリーは外すのが基本!
jewelry-hazuそれでは、夏の定番レジャー海水浴やプールでのジュエリーの取り扱いに関してご紹介していきましょう。
答えから言ってしまいますが、海水浴やプールどちらにおいても、外せるジュエリーは外しておいた方が良いです。なぜかというと、海水に含まれる塩分や、プールに含まれている塩素というものは、貴金属にとってやはりあまり良いものとは言えませんので、大切なジュエリーの劣化を速めてしまう場合があるからです。さらに、指輪に関して言うと、少し緩いぐらいの指輪の場合、泳いでいる間にいつの間にか抜けてしまっていた…なんてことも考えられるので、注意したほうが良いでしょう。

どうしても外せない場合
上述のように、海やプールに入る時には、ジュエリーは外しておくというのを基本としましょう。しかし、長らく身に着けている指輪などの場合、指から抜けなくなっている…という場合もありますね。こういった場合は、諦めてそのまま身に着けてレジャーを楽しめば良いと思いますが、家に帰った時には、きちんと中性洗剤などを使って手と一緒に洗うようにしましょう。また、遊んでいる間に、小さなキズが入ってしまうことも多いのですが、これは諦めるしかないでしょう。元の状態に戻したいときは、購入店や修理専門店で新品仕上げをしてもらえば輝きを取り戻すことはできます。

宝石が入った指輪は注意!
ジュエリーの地金に関しては、上述の対策をしていれば基本的に大きな問題はないと思います。しかし、本当に注意しておきたいのは、宝石が入ったジュエリーを身に着けてレジャーを楽しむときです。指輪に取り付けられている宝石は、石留めでしっかりと固定されているものですが、何かの拍子に宝石だけ外れてしまう…ということも考えられます。海の場合、宝石が外れてしまうと見つけるのはほぼ不可能ですので、諦めるしかありません。
したがって、本当に大切なジュエリーであれば、レジャーに行く前に外して家においておくのが最もオススメの対策です。普段の水仕事と異なり、テンションが上がってジュエリーを身に着けていることを忘れてしまう可能性もあるので、本当に大切なものは持って行かない方が良いかもですね。
特に、エメラルドやオパールがあしらわれたジュエリーの場合、海やプールの後に洗剤で洗うこともできません。洗剤で洗ってしまうと、どちらも致命的に劣化してしまう危険性があるので、どれだけお気に入りのジュエリーでも、海やプールに行くことが決まっているのであれば、持って行かないようにしましょう!

【関連記事】:グローバルラグジュアリーブランドモール