記事一覧

マリンスタイルからタウンカジュアルまで幅広いシーンにマッチ。ORIENTからダイバーデザインの新モデル登場

エプソンは、「ORIENT」のスポーツコレクションから、ダイバーデザインのモデル*に新たなカラーリングを採用した4モデルを2020年8月27日に発売します。よりカジュアルで普段使いしやすいダイバーデザインの機械式時計をコンセプトにコレクションを展開するこのシリーズは、世界の幅広い地域で人気を誇るオリエントの代表作の一つです。
*ISO規格に準拠したダイバーズウオッチではありません。

今、スポーツウオッチの分野で最も人気を集めるのは、高い防水機能をはじめ、回転ベゼルや視認性の高い文字板のデザインなど、ダイバーズウオッチの特長的な要素を取り入れた時計です。オリエントは1960年代から半世紀以上に渡り、その特長を取り入れたダイバーデザインの時計を手掛けてきました。

今回は、現行モデルのケースや文字板、バンドなどの基本デザインを踏襲しながら、文字板や回転ベゼルに新しいカラーを採用してより華やかな印象のモデルが加わります。文字板はベーシックなブラックのほかに、ブルー、グリーン、レッドを加えた4種類、またブラックダイヤルにはブルー×レッド、ブルーダイヤルにはブルー×オレンジに色分けした遊び心のあるバイカラーのベゼルを組み合わせるなど、多色使いで一段とスタイリッシュな印象を高め、マリンスタイルからタウンカジュアルまで幅広いシーンで楽しめるデザインに仕上げられています。

4モデルとも44mmのステンレススチールケースにオリエントダイバーデザイン共通の20気圧防水を備え、自社製の自動巻きムーブメントを搭載しています。トレンディなデザインのみならず、時計機能の高い信頼性も特長です。

メゾン マルジェラ × リーボックの新作スニーカー「クラブ シー」のデザインを“だまし絵”プリントで

メゾン マルジェラ(Maison Margiela)とリーボック(Reebok)によるコラボレーションスニーカーの新作「クラブ シー メゾン マルジェラ(Club C Maison Margiela)」が、2021年3月24日(水)よりリーボック クラシックストア 原宿などで発売される。

今季、リーボックを象徴するモデル「クラシックレザー」を、“足袋”に着想を得たメゾン マルジェラの「タビ」シューズに再構築した「クラシックレザー・タビ」をリリースし、話題を集めた両者。次なる新作は、リーボックを代表するモデル「クラブ シー(Club C)」と、メゾン マルジェラが得意とする「トロンプルイユ(だまし絵)」を融合させた。

注目したいのは、メゾン マルジェラのコードであるトロンプルイユをプリントで表現したアッパーデザイン。「クラブ シー」の立体的なステッチや曲線、影が、フラットレザーの上にまるで実際に施されているかのようにプリントされている。

また、シュータンには、両ブランドのロゴを配したオリジナルのタグがあしらわれている。今回発表されるカラーは、ブラックとホワイトの2色となる。